• 英会話教室WInbeロゴ infomation
    【WinBeからのお知らせ】
    2019年5月15日
  • 上甲子園外観 infomation
    【スクールIE上甲子園校】キャンペーン情報
    2019年5月15日
  • 紙コップバズーカ2 vlog
    【親子で簡単工作!】紙コップでシューターを作ろう!
    2019年7月6日
【自由研究】わくわく!カブトムシだと思ったら!?
当時の写真を撮影していなかったので、フリー素材で。まさにこんな幼虫!

生き物好きの松浦家。昨年、従兄弟から「カブトムシの幼虫分けてあげるよ!」と声を掛けて頂き、我が家にやってきた5匹の幼虫たち。実はカブトムシを幼虫から育てるのは初めて!家族でわくわくしながら、ホームセンターで飼育キットを購入したのです。

興奮して不要な物まで購入した記憶があります(笑)

息子も昆虫図鑑ではよく目にしていた様ですが、実物を目にするのは初めて。どうも手に取るのが怖かったようで、指先で突く位。しっかり土を敷き準備万端!すばしっこく動く幼虫を手に取り、土の中へ戻しました。「放ったらかしでOK!」ではありません!少し乾いたら霧吹きで湿らせる。糞をしたら捨てる。土を定期的に変えてあげる。手間暇かけて育てないとダメですね。

夏には勇ましいカブトムシに会える!親子で心を踊らしていたのです。

まぁ蛹になるのは5月位?なので、それまでは土を変える作業、幼虫が育っているかの確認をしていました。そして梅雨くらいに確認してみると!蛹が入っている土の塊・・蛹室?を発見!親指位の小さな土の塊が5個しっかり確認出来ました!少し小さめかな・・と思いました。ペットショップで販売しているサイズには程遠かった記憶があります。野菜も昆虫も「大きく育てる」には知識と環境が必要ですね。

そんなこんなで7月初頭!虫かごの中で「カサカサ」と何かが動く音が!ついにカブトムシが羽化した!と思い、虫かごを見てみると・・小さな綺麗な「カナブン」が1匹。どうやら、土の中に迷い込んでいたのでしょう。数日間、別の虫かごで息子と飼育。その後逃してあげました!

で、数日後。再び物音が!虫かごを覗き込むと2引きのカナブンが。土の中には色々な生物の卵が隠れているんですね。逃してあげました!

で、数日後帰宅すると、自宅の部屋の中を飛ぶカナブン匹。どうやら部屋の中を飛ばして観察していた様子(こんな事する?)

さて、その頃から私はある事に気付いたのです。もう8月前なのに、カブトムシは羽化せず、カナブンばかり。勇ましいカブトムシではなく、土から顔を出すのは緑色の小さいいカナブンのみ。不思議に思い、生まれてきたカナブンを改めて数えなおしてみたのです。
1匹目:生まれたあと飼育して逃す。
2匹目:3匹目:生まれたあと逃す。
4匹目:部屋の中を飛んでいた彼。
5匹目:確認してみると妻が先日逃したそう。

ふむふむ。最初にもらった幼虫は5匹。もしや!と思い息子と虫かごをひっくり返してみると、ぽっかり穴が空いた蛹室が5個コロリ・・。そう、我が家が育てていたのは「カブトムシ」ではなく「カナブン」だったのです!

一見、とても間抜けに見えますが、実はこの間違いは結構ポピュラーだそうです。調べてみると「カブトムシ」と「カナブン」の幼虫は瓜二つ。大きさの違いと、動くスピードに少し差があります。どうりで動きが早かった訳です。・・・・・・という訳で我が家で盛り上がった半年間の飼育。終了!

vlogの関連記事
  • 子育てのセンスの高め方
  • 【海外留学】英会話力を効果的に高めよう!ホームステイ先での過ごし方
  • ワーキングホリデーでWWOOFに(ウーフ)参加しよう!留学の楽しみ方。
  • 夏休み!親子で磯遊びを楽しもう!
  • 【親子でフィールドワーク】ピクトグラムでイマジネーション!
  • 【もう眠たくさせない!】たった15秒でガラリと変わる!勉強中の休憩テクニック!
おすすめの記事
【WinBeからのお知らせ】
infomation
【WinBeからのお知らせ】 皆さんこんにちは!WinBe上甲子園校では8月末までお得なキャンペーンを開催中です!WinBeだから身に付く「...
転塾キャンペーン開催中!
event
現在スクールIE上甲子園校、伊丹中野校、伊丹荒牧校、中山寺校、千里丘校、蒲生四丁目校では転塾キャンペーンを11月末日まで開催しています。 通...